ビジョン


ユネスコ無形文化遺産にも登録された日本の食文化を、
「ハラル」という安全の信用を元に中東に届けることで
世界の食を豊かにする。

ASlinkのミッション

「日本の土壌の恵みを中東へ届ける。」
ユネスコ無形文化遺産にも登録された日本の食文化・和食は、古くから海外から親しまれてきました。日本は、WHO加盟国の中で世界一の長寿国となっていますが、これは日本の食文化と無関係ではありません。美味しくて衛生的であり、そして健康であることが、和食が世界から注目されている要因だと考えられます。
その一方で、日本国内においては、農業従事者の高齢化が急速度で進行しており、就農人口は減少の一途を辿っています。さらに日本の総人口の減少は、国内市場の価格競争の原因ともなっており、このままだと日本の財産ともいえる和食の食文化が失われてしまうかもしれません。
ASlinkは、日本国内の農業生産者を支援し、良質な食品・加工品を求める中東アセアンのムスリムの方たちへ届けることを通じて、日本の財産である和食文化を守ることを経営理念としています。日本の生産者と、ムスリムの方たちの明日を繋ぐ、丈夫な糸としてお役に立ちたいと考えています。